iPad Proに AND MESHカバー と Smart keyboardを取り付ける

iPad pro を購入された皆さん。おそらくほとんどの方が「文字入力しにくいっ!!」と思われているのではないかと思います(自分がそうだっただけですが)

 

 

iphoneであればフリック入力で難なく文字が打てますが、iPadくらいの画面になると急に挙動不審になってしまうのがiPad初心者たるものです(私がそうでした)

 

そのため、誰もがsmart keyboardの導入を検討します。値段は高価ですが、iPadを半パソコン化するには絶対に必要なデバイスであり、私は購入して本当に良かったと思いながら使っております。

 

 

Smart keyboardを導入する際に困ること

実は、smart keyboardを取り付けるとiPad本体の背面カバーが付けられません!

そう、smart keyboardはiPad本体側面から電源を得る関係で、側面がガッポリ開いているカバーでなければsmart keyboardとの共存はできません。

 

そこで今回のモノレビューは、smart keyboardとの共存が可能なAND MESHというブランドのカバーについてです。

 

 

AND MESH Basic Case レビュー

AND MESH Basic Case ipad pro 10.5

これがipad pro 10.5インチ背面ケース AND MESH Basic Caseです。

素材はポリカーボネート、定価 2,980 円です。

 

触った感じではサラサラしており、少し柔らかい印象があります。ただ、カバーに爪を立てても凹むわけでもなく、何とも言い難い感触です。

 

下部

AND MESH Basic Case ipad pro 10.5

Lightning ポートも綺麗に露出してくれていますので、充電時にコネクタとカバーがぶつかって刺さらないっ!ということはありません。

 

 

側面1

AND MESH Basic Case ipad pro 10.5

smart keyboardがくっつく側面です。この部分とSmart keyboardが磁石的な力でくっつきます。磁力が結構強力なので、ちょっとした衝撃では外れません。

 

このようにAND MESH Basic Case最大の特徴は、smart keyboardが付く側面がガッポリ開いていることです。普通の背面カバーはこのようになっていないため、smart keyboardとの共存が難しいのです。

 

側面2

AND MESH Basic Case ipad pro 10.5

なお、逆サイドの側面はガッポリ開いてません。上部も電源ボタンとイヤホンジャックがきちんと露出しています。

 

色は10色程度の設定がありますが、私はツヤなしグレーを選択しました。

いやいや、流石にそれは地味ではございません?っと思われた方、これには訳があるのです。

 

 

Smart keyboard全体像

smart keyboard ipad pro 10.5

そう、smart keyboardも地味なのです。

 

今回は自分の好きな色を諦め、全体の統一感を優先しました。

そんなわけで、「AND MESH 装備 ipad」と「smart keyboard」を合体すると、こんな感じになります。

 

 

smart keyboard ipad pro 10.5 smart keyboard

統一感で私は満足です。

まるでAND MESH と Smart keyboard がセットで売られているかのようですが、AND MESH はApple製品ではございません。

 

両者の色を見比べると多少色合いは違いますが、ほとんど同じ色です。

 

 

smart keyboard ipad pro 10.5 smart keyboard

合体前の正面写真。べろーんと長いですが、iPadの画面の面積に収まります。

 

 

余談ですが、

私がiPadを購入した際、白いベゼル(画面のフチ)のものが欲しかったのですが、いざ開封の儀を行ったところ真っ黒なベゼルのipadが出てきたため、何とも言えない気持ちになりました。

しかし、「全体の統一感へのこだわり」の結果、黒ベゼルがとても似合うことに気が付き、今ではとても気に入っております。

 

 

黒ベゼルでよかった…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です