低コスト!男の育毛活動 (毛活) 1 亜鉛

30代を過ぎた頃から「育毛」に興味を持たれる男性も多いかと思います。欧米の方とは違い、日本人は髪にデリケートなので、理想的にはおじいちゃんになっても剛毛でありたいものですよね。

 

外国の方って何でこんなに似合うんでしょうかね

 

 

悩むほど薄くはないものの、何もしないで気がついたら手遅れになっているなんてイヤですよね!私もそんな気持ちから育毛活動(毛活)を1年ほど続けております。(毛活って言葉流行らないかな)

 

日頃からのメンテナンスも需要ですが、かといってリアップのような医薬品を継続して使用するには、医師の診断に加え高価であることからなかなかハードルが高いですよね。

 

何にしてもそうですが、めんどくさいものは続きません。そしてコストが伴うものも続きません。そこで!「手軽さ」と「低コスト」に重点を置いて私が試行錯誤した毛活をまとめました。(我ながらなんでこんな記事を書いているのだろうか…)

 

ちなみに私は本サイトで御紹介している記事を全て行なっているためか、髪のコシと太さが戻りました。少なくとも髪の艶が以前とは比べ物にならないくらい艶やかです(脂ギッシュ的な艶ではなくキューティクル的なやつですよ!)

 

ただ、私自身どれがクリティカルに効いているかはわからないので、全部やらざるを得ません!そこまで苦労するものはないので、全体的におすすめです。

 

シリーズ第一弾は「亜鉛」についてです。

 

 

 

亜鉛の効果とは?

亜鉛は全身の細胞に存在し、タンパク質、DNA合成に深く関与しています。髪の毛の主成分もケラチンというタンパク質あるため、亜鉛不足になると髪の毛用タンパクの合成も満足にできなくなります。結果として、弱々しい髪の毛しか生えてこなくなるので、薄毛の原因になると言われています。そのため、亜鉛不足は絶対に避けたいところです。

 

 

どうやって摂取する?

亜鉛は体内合成ができないため、外部から補うしかありません。亜鉛を摂取せねばっ!と普段から気にかけていれば亜鉛不足になることもないですが、例えば亜鉛を豊富に含む牡蠣を毎日食べるのは色々と問題がありますね。

 

食べ物からの摂取(食品 100 g 当たり)

食品名 亜鉛含有量
牡蠣 13.2 mg
豚レバー 6.9 mg
牛肉 3.6 ~ 4.9 mg
たまご 4.2 mg
玄米 1.8 mg
白米 1.4 mg

上表は主な食品の亜鉛含有量を示しております。これら以外の食品にもにも亜鉛は含まれております。

 

やはり、牡蠣はダントツで亜鉛を多く含んでいますね。ただ、牡蠣を年中食べるのもしんどいですし、稀に大当たりを引くこともありますので出来れば色々な食材からバランスよく摂取したいものです。

白米にもある程度は含まれているので、よほどの偏食をしない限り普段の食生活で亜鉛欠乏に至ることは少ないようですが、多少は意識したいところですね。

 

 

1日に必要な量は?

日本人の食事摂取基準(2015年版)によると、成人男性の摂取推奨量は 10 mg/日安全上の上限値は 40mg/日となります。摂取推奨量をコンスタントに摂取するには、やはりサプリメントで補う方が安心かもしれません。

また、亜鉛はクエン酸やビタミンCにより体内吸収効率が上がることが知られており、これらも含めて摂取すると効率的です。

 

 

低コストのおすすめサプリ

亜鉛 育毛 おすすめ 方法

庶民の味方、ダイソーの100均サプリをおすすめします。下表に主なスペックをまとめました。商品的にも1日の目安は2粒/日としており、妥当な設定なのではないでしょうか。亜鉛を過剰に摂取したからといって剛毛になるわけではないので、適量にしておきましょう。亜鉛に加え、ビタミンCなどの吸収を助けるサプリも併用摂取すると良いかもしれません。

 

ダイソー 亜鉛サプリ  基本スペック

カテゴリ 内容
内容量 40 粒
1粒当たり亜鉛含有量 7.5 mg
推奨摂取量に必要な粒数 2 粒
安全上の上限値超過に至る粒数 6 粒以上

 

 

高級サプリと何が違うの?

色々と調べてみましたが、100均亜鉛サプリとの決定的な違いは「亜鉛以外の付加価値」にあると思います。以下にいくつか紹介したいと思います。

 

https://my-best.com/2805

亜鉛の他に「銅」を配合したサプリでは、亜鉛を大量に摂取した場合に起こる銅の吸収阻害を緩和するという付加価値を付けております。

 

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B07G4MB49K?tag=mybest_presses_2805-22

純粋に亜鉛のみを含むサプリメントながら高価なサプリメントですが、この場合は「医師が患者に処方している」「50年以上の歴史がある」などの付加価値が付いております。やはり、体に入れるものですから多少の出費が伴ったとしても安心なものを摂取したいという方は、こういったものでも良いかも知れません。

 

そうは言いつつも、100均サプリが粗悪であるとは全く思っていません。ほとんどの製品は日本製であり、私も1年以上服用しておりますが何の問題もありません(当たり前ですが)

 

 

まとめ

亜鉛は全身のタンパク合成に関与する重要な栄養素でありながら体内で合成できないため、外部から積極的に補う必要があります。健康な髪を維持するには食品からの摂取の他、サプリメントによる摂取も重要です。100均サプリなどを利用して低コストで手軽に補給しましょうっ!

 

 

関連記事

・育毛活動(毛活)1 亜鉛

・育毛活動(毛活)2 L-シスチン

・育毛活動(毛活)3 ノコギリヤシ

・育毛活動(毛活)4 豆乳

・育毛活動(毛活)5 欲の制御