低コスト!男の育毛活動 (毛活)5 禁欲

低コストと手軽さに重点を置いた男の育毛活動(毛活)、シリーズ第5弾は「欲の制御」です。

 

 

 

この記事を読むにあたり

この記事を読まれている方は「男性」であることを前提に書いていきます。ただ、正面どストレートでこの記事を書くと、おそらくシモ判定に引っかかる恐れがあります・・・。

そのため、かなりの部分を相当に分厚いオブラートに包んで表現しておりますが、おそらく一般的な男性であれば内容を理解していただけれるものと信じております。

 

 

また、今回の記事は根拠がありません。あくまで私の体験からの推論です。ソースは?何を根拠に?といったご批判もあるかもしれませんが、主観100%だということで暖かく見守っていただければ幸いです。

 

なお、毛活記事は今回でシリーズ第5弾ですが、間違いなく体感上これが最も効果的 でした。

 

 

 

効果を先に申しておきます

検証1ヶ月で髪の質感、硬さ、艶、ボリュームが明らかに改善しました。そして生え際の産毛が間違いなく増えてきました。さらに!おまけで肌にも艶が戻りました。これらはあくまで主観です。

何故もっと早く気がつかなかったんだろうと思うくらいです。

 

 

 

今回のテーマ「禁欲」とは?

私が指している「欲」とは三大欲求の1つのアレです(食欲と睡眠欲以外のヤツです)

 

男が生物として生きている理由は、遺伝子を次の世代に残すためであることは言うまでもありません。「遺伝子を残すための行為」は毎回パートナーに対して行うことができればそれで良いのですが、手軽さゆえに「空砲」を放つ場合も多々あろうかと思います(察してください)。

 

 

この「空砲」を放った後、体では何が起きているのでしょう

当たり前ですが、体内では「空砲」によって「球」が減るので補充作業(球の体内合成)が行われるものと思われます。

 

この「球」はタンパクであり、タンパクはアミノ酸の集合体です。つまり、「球」を体内合成するには アミノ酸(材料) が必要となりますが、左記に加え タンパクの合成能力(工場で例えるならば生産能力)も重要な要素だと思います。

 

「球」以外にも筋肉、皮膚、爪、臓器、そして髪などあらゆるものがタンパクで出来ているため、体全体で必要なタンパクは生産能力と相談しながら何を優先して合成すべきかを自動的に調整し、運用されているものと推測しています(裏付けはありません)。

 

 

 

ここまでが前提です。仮にですが、

「空砲」を毎日放った場合、どうなるか考えたことがありますか?

 × Everyday!

 

 

まぁー「球切れ」起こすよね(笑)程度に私は思っていました。今までは。

前段でもお話しした通り「男は遺伝子を残すことが目的の生き物」です。そんな男の体内で「遺伝を司る球」が枯渇しているとなると、今まで通り様々なタンパクを均一に合成する、いわゆる平常運転のままとはとても思えないのです。具体的には「球」製造の割合いを増やすのではないかと思っています。

 

ただ、タンパクの合成能力、つまりその人が生産できるタンパク量(生産能力)には限界があると思っています。いくら材料(アミノ酸なりプロテインなど)を大量に摂取したとしても、材料が潤沢にあるだけでタンパク生産能力の上限が引き上げられるわけではないと予想しています。

 

もちろん、材料が潤沢に揃っているということはタンパク合成には良いことだと思いますが、余剰分のほとんどは前から後ろからアウトプットされるでしょう。リポビタンDなどの栄養ドリンクを飲むと余剰分は前からアウトプットされて黄色くなりますよね。アレと同じです。

 

 

では、タンパク生産が「球」にシフトするとどうなるでしょう

シフトすると言っても「球」合成に100%シフトするわけではなく、生産量が「球」寄りになるということです。

前述の通り、タンパクの生産能力には限界がありますので、生命維持に関連が低い他のタンパク製造を制限することになると私は考えています。生命維持に関連の低いタンパクと言えば、「爪・肌・髪」じゃないでしょうか。

 

もちろん肌は必要不可欠ですが、多少生産能力を落としたとしても生命維持には関係ないですよね。髪に至ってはゼロでも生命維持には関係ないのです。

つまり、生命維持に関連が低いタンパクの中でもある程度の優先順位がついているものと想像しています。おそらく「髪」のタンパク合成は優先順位が低いことが推測されます

 

 

タンパク合成能力は人によって違い、そして加齢とともに能力は衰える

いわゆる個体差ですね。

たくさんタンパクを合成できる方は「球」が枯渇してもタンパク合成の割合を変更しなくても通常営業で乗り切れるのではないでしょうか。逆に、タンパク合成量が少ない方は「球」の枯渇状況にかなり影響するものと考えています。こればっかりは生まれもった宿命なのでどうしようもないと思います。

さらにタンパク合成能力は加齢と共に減少していくことも想像しています。これも宿命です。

 

 

男性ホルモンの分泌量も人それぞれ

毛活シリーズ「ノコギリヤシ」「豆乳」でも触れていますが、男性ホルモンから変化したジヒドロテストステロン(DHT)が脱毛の原因と言われております。DHTの生産量は男性ホルモンの濃度にある程度相間するものと思います。

上記に加え、体内のDHT感受性の高い方は薄毛になりやすいということです。

 

最近はAGA治療などである程度のDHTコントロールはできるようになって来ているとは思いますが、ここも人の個体差が大きく自助努力ではどうにもならない部分はあるかと思います。

 

 

勝手に導き出した結論

自分の体験したことから色々なことを推論し、導き出した結論はコレです。

「タンパク合成能力が低い方で、かつ男性的な方(男性ホルモンがみなぎっている人)が毎日空砲を放っていると薄毛リスクが高くなる」

 

上記を箇条書きにするとこうなります。

✓ タンパク合成能力が低い:

→ 個体差なのでどうにもならない

 

✓ 男性ホルモンがみなぎっている:

→ 個体差なのでどうにもならない

 

✓ 毎日空砲を放っている:

  → 改善できる

 

私が勝手に導き出した結論のうち、「空砲の連射」だけは自助努力で何とかなるのです!

この記事をココまで読んでくださっている皆さんは少なからず、育毛・発毛に興味を持たれているかと思います。一瞬の快楽を追わず、1ヶ月だけでもいいので試してみませんか?

 

 

欲の制御方法

私が現在も実践している方法を例示いたします。

方法は人それぞれですし、例示する方法がベストとは限りません。自分に合った方法を見つけてみるのも良いかと思います。

 

 

1.ルールを設ける

本件に関わらずこれは大事です。つまり、全てを禁止するのではなく頻度を決めるということです。ダイエットするために断食するっ!といったルールを設定される方もいるかもしれませんが、こういったルール設定は良くありません。絶対どこかにシワ寄せが行きます。

 

とにかく「全てを禁止しない」、これが重要です。

私の場合は「週に1回の空砲は許容とする」という抜け道を設定しており、試射したいと思ってもグッとこらえることができています。あと、定期的に空砲はしておいた方が新陳代謝という面を含めると良いと思いますので「空砲ゼロ」にはしないでください。

 

 

2.「習慣的空砲」を見直す

手軽さゆえに「空砲」が習慣的になっている方もいるかと思います。中には「そこまで試射したくないけどまぁーとりあえず試射しとこうかなぁ」くらいの気持ちで放たれる方も多いのではないでしょうか。こういった「習慣的空砲」を一度見直し、必要最低限に頻度を抑えるということを心がけてください。

 

想像してみてください。自分が気にしている髪が改善するかもしれないんですよ?

「一瞬の快楽」 と 「禿げないこと」 どちらを選択しますか?

 

 

最後に

長々と私の妄想にお付き合い頂きありがとうございました。

冒頭でもお伝えした通り、本記事の内容については自らの経験から推測したものであり根拠はありません。ただ、同じような現象を体感した方々は大衆掲示板(いわゆる2chなど)でも多く存在し、あながち的を大きく外しているような内容でもないとは思っています。

 

この記事を見てくださった方に言いたいのは、私の場合は本当に目に見える効果があったこと、そして今も継続して行なっていることです。もちろんこれは主観なのでどうとでも言えることですが、ウソで塗り固めてまで3000文字以上の記事は書きません。

 

最近一番驚いたことは、自分の髪質がそこまで極度の猫毛じゃなかったということです。

今までは湿度の高い雨の日だと何をどうしてもペッタンコになっていました。寒いからといって帽子をかぶると形状記憶状態でした。

 

ところが最近は、雨が降ってもそこまでペッタンコにならず、帽子をかぶっても結構持ちこたえます。これは本当にビックリしました。

風呂上りに妻から「今日は乾かし方が上手だね。どうやって乾かしたの?」と言われた時も嬉しかったです。

 

 

もし少しでも興味を持ってくださったのであれば1ヶ月だけでも試してみる価値は十分にあると思います。だってコストゼロですよ?精神的なコントロールだけですよ?

髪は1cm/月程度伸びると言われておりますが、「空砲制限」を実施した期間に生えたであろう髪が今後どうなっていくのか、とても楽しみです。

 

 

関連記事

・育毛活動(毛活)1 亜鉛

・育毛活動(毛活)2 L-シスチン

・育毛活動(毛活)3 ノコギリヤシ

・育毛活動(毛活)4 豆乳

・育毛活動(毛活)5 欲の制御

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です