pdf 用紙サイズをピッタリ合わせる方法

pdf同士の結合を行うとページサイズがガタガタに

 

 

仕事などで入手した複数のpdf資料を1つにまとめて管理したいっ!ということはよくあると思います。いざやってみるとページサイズが合わずにガタガタになってしまった!という経験をされた方も多いのではないかと思います。下写真のような感じです。

pdf サイズ 調整 合わせる

 

この現象は複数のpdfのそれぞれが違うページサイズで作られていた場合に起こります。個人的にはpdf同士の統合をする際に、ページサイズを統合することを選択できてもいいのなぁ、と思うところもあります。

残念ながら、現状のAcrobat Readerなどのpdf閲覧・編集ソフトではページサイズを統一してくれないようです(もし出来るならば教えてくださいっ!)

個人的な資料ならばいいのですが、例えば取引先に出したい資料なのに図面と見積りのサイズがバラバラで格好悪いっ!なんて場面もあるかと思います。

 

そこで、今回は用紙サイズを合わせることが出来る簡単な方法をお教えいたします。その方法は「pdfをpdf化する」ことです。

 

 

用意するもの

・印刷用プリンタとしてインストールできる仮想pdfプリンタ

 

ここでは仮想pdfプリンタ「cube pdf」を例に説明したいと思いますが、これじゃなくてもできるかもしれません。

 

 

「cube pdf」をインストール

cube pdf ダウンロードはこちらから可能です(フリーソフト)。
インストールの方法はcube pdfサイト側の説明に従って行えば簡単にできます。

 

 

用紙サイズの統一作業

インストールが終わったら、サイズを統一したいpdfを開きます。

pdf サイズ 調整 合わせる

見事にズレております。
2枚あるページのうち、上側のページは単純なA4サイズ、下側は意図的にA4よりも少し大きなページに設定したものです。

このpdfを先ほどインストールした「cube pdf」でpdf化します。pdfをpdf化するというのも変な話ですが、これができるのです。

 

 

プリンタ「cube pdf」で印刷してみよう

pdf サイズ 調整 合わせる

印刷するといっても「cube pdf」は仮想プリンタなので紙として印刷されるわけではなく、pdfを生成するためのものです。

pdfのメニュー画面から「印刷」をクリックすると、印刷ウィザードが出てきます。
プリンターに「cube pdf」を選択して「印刷」をクリックします。

 

 

cube pdf印刷

しばらくすると「cube pdf」の設定画面が開きます。ここで新しく生成されるpdfの出力先や名前の変更ができます。

また、ここで生成されるpdfの解像度も設定できます。画質を劣化させたくない場合は通常の「300」ではなく、それよりも高い数値を選択してください。

「生成されるpdfの名前」「pdfの出力先」「解像度」を選択したあとは「変換」を押してください。

 

 

ページサイズの統一が完了

pdf サイズ 調整 合わせる

見事にピッタリサイズに変換されました!
棒人間くんの縮尺も不自然になることなく、いい感じに統一されたと思います。とても便利ですねっ!

 

このサイズ統一作業では、同時にファイルサイズも少し小さくなるようです。一度試してみては如何でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です